Jfantasynovel

日本ファンタジーノベル大賞 関連作家刊行情報

「日本ファンタジーノベル大賞2018」募集要項
応募受付 2018年6月1日(金)~30日(土)当日消印有効
http://www.shinchosha.co.jp/prizes/fantasy/

「日本ファンタジーノベル大賞2017」受賞作品
柿村将彦『隣のずこずこ』(新潮社)刊行!
http://www.shinchosha.co.jp/prizes/fantasy/2017/

『学園ゴーストバスターズ』三國青葉(小学館文庫)

2018年4月6日発売予定

イラスト/トミイマサコ

『学園ゴーストバスターズ』 三國青葉 小学館文庫 

学園ゴーストバスターズ (小学館文庫)

学園ゴーストバスターズ (小学館文庫)

中学生コンビのお仕事は霊を成仏させること

入学式の朝のこと。中学生になったばかりの一色恭夜は、例によって霊にからまれていた。恭夜は、代々女の子だけが生まれ、会話によって「霊を説得」し成仏させる役目をもつ一色家に初めて誕生した男の子だ。せっかくのハレの日に霊に取り憑かれるなんてツイてない……そんなことを考えていた恭夜の前に、颯爽と登場したのはひとりの女の子。彼女は自分の身体から日本刀を出現させると、恭夜に憑いた霊を斬って成仏させようとする。そう、この子の名前は望月冴子。代々男だけが生まれ、武器によって「霊を斬る」ことで成仏させる役目をもつ望月家の娘なのだった。

霊と意思の疎通はできるが武器のない恭夜と、刀を所持しているが霊と会話ができない冴子。同じ職種の家に生まれながら、まるっきり逆の境遇にあるふたりは、互いの存在だけはよく知っていたものの、今まで接点がなかった。ところが同じ三日月中学に通うことになったその日から協力しあうことに……。

特別な家に生まれた中学生コンビの、痛快&ほっこり霊障解決ストーリー!

www.shogakukan.co.jp

小学館文庫「キャラブン!」|小学館