Jfantasynovel

日本ファンタジーノベル大賞 関連作家刊行情報

「日本ファンタジーノベル大賞2018」の応募受付は終了しました。
http://www.shinchosha.co.jp/prizes/fantasy/

「日本ファンタジーノベル大賞2017」受賞作品
柿村将彦『隣のずこずこ』(新潮社)刊行!
http://www.shinchosha.co.jp/prizes/fantasy/2017/

【電子書籍】『仮想の騎士』斉藤直子(惑星と口笛ブックス)

2018年10月配信

電子書籍

第12回「日本ファンタジーノベル大賞」優秀賞

『仮想の騎士』 斉藤直子 惑星と口笛ブックス

 

第12回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞受賞作品。

書き下ろしの前日談「サンメダール教会の奇跡」併録。

 

斉藤直子の作品は少ない。本書以外には、2009年から刊行された河出文庫大森望編のSFアンソロジーシリーズ〈NOVA〉などに発表した短篇数篇を数えるのみである。

しかしそれだけで掛けがえのない作家という評価が定着しているように見える。

たしかに斉藤直子は掛けがえのない作家なのである。何しろ日本でも世界でも数少ないユーモアSF、ユーモアファンタジーを書くことのできる作家なのだから。

 

日本ファンタジーノベル大賞優秀賞受賞の本作は、十八世紀半ばのパリやヴェネツィアを舞台に、女装の騎士デオンが活躍する歴史ファンタジーあるいは錬金術ファンタジーで、おそらく類書のない小説である。

登場するのは関西弁を話すカザノバ、最愛王ルイ十五世とその愛人ポンパドゥール夫人、不死と噂されるサン・ジェルマン伯爵、催眠術の創始者フランツ・アントン・メスメルなど。豪奢で絢爛として、幻想文学の核に根ざし、かつユーモア小説でもあるという稀有の作品である。

 

「サンメダール教会の奇跡」は最愛王ルイ十五世とのちのコンティ親王の少年時代の一逸話である。こちらは、シリアスな作品で、ルイ十五世の怪物めいた性格が重厚に活写 され、この作家の筆力が並々ならないものであることを証している。

 

400字詰め原稿用紙換算約310枚。「サンメダール教会の奇跡」は約50枚。 大森望の紹介つき。〈ブックス・ファンタスティック〉シリーズ第3作。

 

斉藤直子『仮想の騎士』|惑星と口笛ブックス