Jfantasynovel

日本ファンタジーノベル大賞 関連作家刊行情報

「日本ファンタジーノベル大賞2018」最終候補作発表!
https://www.shinchosha.co.jp/prizes/fantasy/

「日本ファンタジーノベル大賞2017」受賞作品
柿村将彦『隣のずこずこ』(新潮社)刊行!
https://www.shinchosha.co.jp/prizes/fantasy/2017/

【電子書籍】『糞袋』藤田雅矢(惑星と口笛ブックス)

2018年8月30日配信

電子書籍

第7回「日本ファンタジーノベル大賞」優秀賞

糞袋』 藤田雅矢 惑星と口笛ブックス

糞袋

糞袋

本書は1995年に第7回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞している。

篤実な筆致とはいえ、これほどアナーキーな小説に賞が授与されたというのは、日本の文学賞の歴史でもきわめて稀なことかもしれない。もしこれほど理性的で読みやすい文体をそなえていなかったら、おそらくこの作品は『ドグラマグラ』『家畜人ヤプー』と並べられて三大綺書と呼ばれていただろう。

糞尿に関してどうやら特殊な感覚を持っているらしい少年「イチ」が中心になって、18世紀の京都の風俗文化思想詩歌が、万華鏡のように展開される。ファンタジー、綺想、幻想文学、空想時代小説マニア必読の傑作である。

 

400字詰め原稿用紙換算約300枚。惑星と口笛ブックス版あとがきつき。〈ブックス・ファンタスティック〉シリーズ第2作。

藤田雅矢『糞袋』|惑星と口笛ブックス

d.hatena.ne.jp